« いきなりロボット登場は、新ロボットの布石かと | トップページ | 今週は、祭りの最終準備期間だー!! »

ある晴れた日の午後

 家の手伝いをしながら、
 うちの庭には、ニチモ製の武蔵とタミヤ製のホーネットが沈んでいるんだよなぁ。と、小さい頃を思い出していたら、昔、制作したニチモ製の大和(正確には、作る前に、猫に艦橋食われていた)と30㎝シリーズの長門(友達の家の池にて轟沈)も思い出した。
 もう、船としてまともに最期を迎えたのは、長門だけと言うのも、申し訳ないなぁ。
 小さい頃なので、結構扱い方がぞんざいだったり、製作にも愛がなかったので、今思うと、もったいない事をしていたなぁ、とも思う。

 小さい頃のプラモデルを製作するスキルから言って、一番作りやすかった物は、長門で、一番難しかった物は、ホーネットだったような気がする。
 ホーネットは、正直、組立説明書を読む事ができなかったため、何をどこにつけていいのか分からない状態の中で、かろうじて甲板と艦橋を取り付けただけのひどい物だった。ごめんよ。

 その罪滅ぼしのためにも、今持っているホーネットはちゃんと作ってあげるからね。

|

« いきなりロボット登場は、新ロボットの布石かと | トップページ | 今週は、祭りの最終準備期間だー!! »

模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202304/14591598

この記事へのトラックバック一覧です: ある晴れた日の午後:

« いきなりロボット登場は、新ロボットの布石かと | トップページ | 今週は、祭りの最終準備期間だー!! »