« あけましておめでとうございます | トップページ | きゃるーん(はあと) »

黒いバッタは正義の印

 Blackの最終回まで見終える。
 やはり、この作品は、CGがまだ普及していない頃の特撮として、可能な限りのカット割りを駆使し、持てる技術を投入した感じがします。
 惜しむらくは、途中の剣聖ビルゲニアの登場が、信彦役の堀内さんの出演問題もあってか、少し邪魔に感じました。また、子供にも分かり易いデザインと言うことなのかもしれませんが、ビルゲニアのデザインがゴルゴム怪人としても、幹部としてみても、世界観に合わない感じが残念でした。
 信彦(シャドウムーン)が登場した後、人間体になることがなく終了してしまったのも、もったいない終わらせ方になってしまいした。
 雰囲気としては、ライダーの原点回帰を目指した作品としては、うまくまとまった気がします。特に三幹部の存在は、世界構築と相まって、トラウマレベルの恐怖の演出が見事です。

 現在は、RXに入っています。
 主題歌最強
 剣でとどめをさすな、蹴りだ蹴り
 アクロバッターよりバトルホッパーの方がかわいい
 車に乗ったらドライバーだろ
 マリバロン様、素敵だぁ
 と言った理由で、当時はほとんど観ていなかった作品です。毎週ビデオには撮っていたのですが、どうも観る気が起きなくて。

 少し楽しもうかと思います。

|

« あけましておめでとうございます | トップページ | きゃるーん(はあと) »

特撮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202304/43784099

この記事へのトラックバック一覧です: 黒いバッタは正義の印:

« あけましておめでとうございます | トップページ | きゃるーん(はあと) »