« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

鬼の仕事

 最初に言っておく
 中学生が公務員になれるって、どうして。
 警察の上層部と極楽署の関係って、どうやって話つけたの。
 中学校はどこまで知っているの。
 そもそも中学校で認められているバイトって、新聞少年ぐらいじゃ…。

 とか、そんな些末な疑問はこの言葉で消してしまえ。
「いいんだよ、こまけぇことは、マンガだ、マーンガ。」
…あとできっと作者が説明してくれるさ、連載が続けば。

 マリンハンターの残念な結末から、サンデー超の連載を勝ち取った、大塚志郎さんの阿鬼羅の一巻が発売されました。

 今回の主人公縁間阿鬼羅くん、以前読切で掲載されたときよりも顔が子供っぽくなったような気がしますが、残念ながら読切の画像がないので、検証できません。いつか、単行本化された時にでも、確認して下さい。

 物語は、中学生で極楽署の警察官縁間阿鬼羅くんが、妖怪犯罪の捜査、逮捕、事件の裏を解決する少年刑事もの。主人公の性格が、お人好しで、やさしく、子供のように(子供だ)素直。父親が妖怪で警察官であったために警察官になったようではあるが、スカウトなのか、自分からなのかは不明。
 小学校時代はいじめられていた経験もあるが、中学の同級生はその辺のことは気にしていない感じなので、転校でもしたのだろうか。

 作者の考え方として、この作品は勧善懲悪物の「バトル」展開にする事は無いようである。
 第1話、2話において、警察であるにもかかわらず逮捕をしていない上に、直接の犯罪(傷害、器物損壊、脅迫)について、見逃してしまっているため、警察官としてはどうかと思うが、作者としての想いはこの1,2話にある。曰く「罪を憎んで人を憎まず」。
 過去の主人公の経験をふまえた上で、犯罪者に対して甘いと思われる程、やさしく接してる、そのため、連載上初めて犯罪者を地獄送りにした第3話において、犯人の朱の盤の気持ちを考えて、少し後悔をしている。
 第4話は変化球的に妖怪警察の組織を説明した作品、これにより日本全国に警察網があることを示唆している。また、前作「マリンハンター」のリン他のゲスト出演があり、作者も前作がお気に入りのようである。
 基本が人情警察物であるので、そのテーマがぶれないように続いて欲しい。

 次巻以降も楽しみにしております。サンデー超も定期購読しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

釣られはせん、釣られはせんぞっ!!

 買ってみると、自分の好みがはっきりするなぁ。

 ついに「クラブサンデー」とリニューアル「サンデー超」作品の単行本が発売されましたが、共にサンデー本誌よりも自分の好みに近い、はっきり言えば、自分の中の「サンデー」をイメージする作品が並んでいるのだよなぁ。

 「超弩級少女4946」や「銀塩少年」(来月発売)のようなラブコメ、「幻影少年」や「阿鬼羅」のようなバトル物にみえるけどどこか純粋なバトル物になりきれない作品。
 俗に言う「漫研のサンデー」の雰囲気を持った作品群が、本誌では掲載されないのは残念な感じではある。
 本誌の連載陣は何となく安定期にはいっている感じで、終了しそうな雰囲気がないんだよなぁ(巻末の作品ですら)。

 とはいえやっと買えた本日

  • 超弩級少女4946
  • 阿鬼羅
  • 絶対可憐チルドレン
  • 結界師
  • お茶にごす
  • 幻影少年
  • 史上最強の弟子ケンイチ

 サンデーコミックスだけでこれだけ買ったのは、いつ以来だろうか。さすがにこれ以上買うのは人の目が痛いので(被害妄想)、日を改めて購入しようか迷っているところ。

 ケンイチは限定版の方、しかし、この缶バッチをアニメ化当時に付けなかったのは、不思議だよなぁ、この作品のポイントの一つだとは思うんだが。
 まだ、サンデーではっきりとした限定版商法ができてない頃だったかな?確かハヤテ第1弾の頃で、本誌でトレカを付録にしてたような気はするんだけど、単行本に付録をつけたのは、絶チルアニメ化の時が初めてだろうか?

 来月の単行本発売リストを見ると、また出費がひどくなりそうだ、あぁ恐ろしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »