« 再び小学館の手先 | トップページ | くらまの事故で最初に »

白のない風景

 先週ついに最終回を迎えた「ムラマサ」ですが、今週のチャンピオンを読んで、少し物足りなさを感じた人はいませんか?

 前の記事で、「少年誌らしいHマンガ」と書いていますが、本当にHが不快にならない作品であったと思います。それもこれも全て主人公「必勝」白の素直さがポイントだったのでしょう。
 最終回、意識のない内に状況が変わっていったため、戸惑いを隠せない白が、とても寂しそうな感じではあったが、周囲は暖かく包み込み、「山本」白として、きっと幸せになっていけると思う。
 何と言っても、呪われた体を持ちながらグレなかった白が、良くも悪くも本質的に変わるわけないでしょう?

 次回作にも期待しています。

|

« 再び小学館の手先 | トップページ | くらまの事故で最初に »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202304/46555931

この記事へのトラックバック一覧です: 白のない風景:

« 再び小学館の手先 | トップページ | くらまの事故で最初に »