« 余裕がないと言うか | トップページ | 徴農制とか農業やら »

信長協奏曲ーコンツェルトー

 タイムスリップ系の歴史ifと言った作品。
 これがデビュー作という割に、かなり安定した作風のため、安心して読めます。
 もし、信長が現代社会から流された高校生ならばというところから始まった作品ですが、信長の当時の感覚からずれた行動は読んでいて楽しめます。

 現在、2巻まで発売されていますが、2巻のポイントはやはり「斎藤道三」でしょう。彼の存在がこの後の信長の行動に影響を与えるのですから。ちなみに、出生年が謎の斎藤道三も現代から過去へ流れた人物ですから、主人公のこれからの姿をも暗示しているわけです。

 現代へと戻る方法を悩んでいるわけでもない信長であっても、同じ現代人である「道三」の死については、考えるところもあったと思います。そのためにも、今、信長が死ぬわけにはいかないわけですけれども。

 信長の最期については、基本的なところは我々が分かっているわけですから、この話のラストが本能寺であることは確かだと思います。その時、この「道三」との邂逅がどのような意味を持ってくるのか楽しみにしたいです。安易に現代へ戻るようなことは無いと思います(帰ったとしても30年は経っているわけですから)。

 小学館ゲッサンにて、連載中、ちょっと劇画よりの絵が目印。同じくゲッサンにて息子の信雄くんが「活躍」する忍びの国(原作和田竜 作画坂ノ睦)も連載中です。

|

« 余裕がないと言うか | トップページ | 徴農制とか農業やら »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202304/47812340

この記事へのトラックバック一覧です: 信長協奏曲ーコンツェルトー:

« 余裕がないと言うか | トップページ | 徴農制とか農業やら »