スポーツ

2大会連続とか

 ありえない!!

 松坂選手、MVPおめでとうございます。
 松坂選手も言われていた通り、MVPは岩隈選手だと思っていましたが、まさかねぇ。やはり、勝ち投手と言うことが受賞につながったのかと思います。

 日本の優勝についても、堅実な試合運びをすれば、各国に引けを取らないだけの力があることを示していただいたのですから、選手の健闘を称えていきたいと思います。

 原監督につきましては、その人柄が選手の求心力を高めていたのだと思います。采配に関しては、あまり認めていません。ただ、イチロー選手と心中する覚悟で起用続けたことに関しては、指揮官としての器量の大きさを表しているので、これからもチームの選択さえ間違えなければ、名将とされることになると思います。

 

優勝おめでとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鱈とかレバーとか

 やっぱり、気を使ったのですかねぇ、某世界的新聞社の社主と世界的宗教団体の教祖様に。

 いや、あのバントのシーンを含め、決勝戦の采配については、積極的な人の使い方とは思えないのですが、やはりアジア興行の責任会社として、一方的にホームだけが勝ってしまうと、他国の放映権料が安くなったりするとか、教祖様の母国の機嫌が悪くなるとか、とても配慮しちゃってましたよね。あとメジャーリーガーに気を使わないと、WBC自体の開催が危うくなったりとか。(以上、妄想)

 バントについて擁護するならば、中島の後ろに青木が控えていたことが大きいとは思います。
 韓国の投手が、ヤクルトで抑えをやっている以上、セリーグの選手の方が球筋を知っているであろうと考えて、万が一ダブルプレーになるよりも、青木の方が打てると見込んだとは考えられます。だからこそ、この場面でのバントにはあまり過剰に批判はしたくないのです(ヒットエンドランとか他にも方法はあるだろうと言う考えもないではないですが)
 むしろ、7回から8回の選手起用について、本当に1点を取る気があるように思えない采配の方が気になって仕方がない。いざという時に、起用できないと言うことにならないか、監督に意見を言える人が本当にいるのか、不安になりませんか。
 7回、打てない福留に代えて、代打を送る気はなかったのか、特に亀井に代えてメジャーリーガーのプライドを傷つけるくらいのことをしても良かったと思う(それで発奮を促せるならば)。
 8回、全く打てない岩村に代えて片岡なり阿部なりを送った方が状況が変化していたと思う。

 2次リーグ、決勝とどこまで勝ちにこだわる采配を見せてくれるか、と言うか、選手の限界を見極められない監督と言う印象が、いつ払拭されるのか見てみたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どうしてリーグ戦にしなかったのだろう

 読売新聞が主催しているのですよね、今回のアジア予選は。それなのに、どうして日本テレビで中継しないのだろうか。他のマスコミから独占するな、とか言われたりしたの?それともWBCに肩入れしすぎて、グループ総赤字を避けたかった?

 とはいえ、観ていて気になったのは、鳴り物とカメラのフラッシュ。特にカメラのフラッシュが選手の撮影に何の意味もないことくらいは言っておくべきだと思う。観ていて選手がかわいそうになる。
 鳴り物はぜひとも禁止にすべき、せめて楽器類に関しては持ち込み禁止にして、あくまで手拍子程度で応援して欲しい。アメリカに行った後は、そのような応援スタイル自体がありえないのだから、少しは環境に慣らしておいたほうが良いと思う。

 ホスト国としての責任としては、やはり台湾×韓国戦も中継して欲しかった、国内に台湾や韓国の人がどんな理由であれ滞在している以上、観てくれると思う。スポンサーは、延々ファフナーを流していれば充分だし。

 今回のトーナメント方式は、試合運び含めあまり公平な感じを受けないのが、何となく勝ってもうれしくないんだよなぁ。リーグ戦総当たりで順位を決めた方が分かり易いからねぇ。

 テレビ朝日へ
 いつまでも中居くんに頼るのはやめて欲しい、彼自身が野球に詳しいことは分かるし、解説もテレビ慣れしてるおかげで分かり易い、でも彼はプロ野球をやっているわけではないし、あくまでタレントとしての中居くんなのだから、副音声で居酒屋トーク的な解説ならまだしも、主音声でやってはいろいろな意味で失礼な話だと思う。
 とは言え、経験者でも難しい解説の仕事、テレビ朝日はノムさんを越える解説者にいつ出会えるのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どきんちょムネリン

 昨日の話で、川崎選手をスタメンに入れなかったのは、北京の時のけがをおして出ようとする姿が、勇ましくも痛々しかったので、少し休んで欲しかったから、けして忘れていたのではありません。

 WBCが盛り上がらない理由は、監督を決定する際のゴタゴタやスポンサー企業主導と感じるチーム編成など、選手とは違う部分にあるんだろうな、観客が多そうだし。
 だいたいWBCを最終的には、野球のワールドカップにしたがっているのが、日本であるならば、アメリカ側をなんとしても本気にさせるべきだと思う。メジャー側は、アメリカ国内のワールドシリーズで世界一が決まっていると言ってはいるが、あれはサッカーで言えば、ユーロチャンピオンシップであり、クラブチームの優勝決定戦と大差がないことを納得させるべき。
 それができない限り、メジャーのオープン戦興行の一環扱いから脱却できないだろうね。
 次はせめて大会の日程に気を使って欲しい。


 しかし、ファフナーがうるさい、もう少し自重できんものか。その昔ヘビーローテでSHANGRILAを聴きまくっていたから、結構恥ずかしいですけど。(angela自体は好きです)
 平井さんの絵も慣れてきたので、そろそろ観ようかと思っていたのですが、パチンコになることが発表された後で観ると、ポロロッカ扱いされそうで当分避けたい。(そんな理由でアクエリオンもまだ観ていない)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぼくのかんがえたさいきょうだせん

1青木宣親 イチロー
2片岡易之
3稲葉篤紀
4小笠原道大
5中島裕之
6福留孝介
7内川聖一
8城島健司
9岩村明憲

 練習試合だから、負けても平気だもん。

 盛り上がりに欠けていますが、始まってしまえば、雰囲気が良くなりそうな感じです。
 肝は1番、4番ですかね、イチローも青木もまるっきりの1番タイプの選手ですから、2人のいずれかを選んで使った方が打線としては機能すると思います。4番は松中を外した時点で、小笠原以外はありえないでしょう、稲葉は3番であってこその選手だと思います。小笠原の方が巨人で苦労している分4番に座っても平気な気がします。
 あと守備の関係が苦しくなったので、6番以下は適当です、DHは福留と考えています。

 しかし、練習試合だというのにテレビは勝ち負けにこだわり過ぎです、今、考えるべきは、選手それぞれが大会に向けてどう仕上げるかの各人なりのテーマ(サッカー臭く言えば)と仕上がり具合だと思うのですけれども。
 その辺りを伝えてくれるかと思えば、試合の状況に終始しているので、例えば、青木の走塁について、無理に3塁へ進もうとしたことについて、非難めいた口調になるのは気をつけて欲しい。

 何はともあれ、間もなく本番です、選手にははりきって行ってもらいたいと思います。

 このWBCについては、当初の日本側の願望からすれば、中途半端な内容ですが、アメリカを本気にさせるまで続けることができるよう願っております。

 あと原監督は、上原をお守りとしてベンチに入れておいた方が良いと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平和が一番

 厚生省の元官僚の話(テロ呼ばわりしてますが、税金の無駄を無くせ、年金しっかり払え、と言う主張のために行ったとしても、警備強化されたら、貴重な警察官に無駄な仕事をさせることになることに気づけ、あんなのテロでなく、私怨による犯罪に決まっている、テロならもっと自己主張せい)よりも、野球ですよ、野球。
 辞退者が続出ですって、特に中日に関しては、候補4人が全員辞退とか。

 でも、中日で絶対出て戦力として計算できる選手なんていたか?
 技術的な意味では確かにいないことはないが、岩瀬は今までの無理があって、劣化しはじめているし、井端は故障上がりな上、人工芝以外での守備に不安あり、荒木は井端がいるいないで計算が変わる、森野に至っては、正直、勝負運が少々足りない(オリンピックの時に、厳しいボールがレフトに飛びすぎた)。
 もう各球団に平均的に選手を出してもらうとか、球団ごとに調整するとかやめてしまって、とにかく必要な選手を引っ張ってしまえ、そのかわり、シーズンの開始を少し遅らせれば良いわけだ。

 しかし、選手の辞退から考えてみると、セ・リーグに確実にWBCで期待できる選手がいないことに気付いてしまった。なんと言っても、原監督の所属する巨人ですら、誰を出すんだ?という状態。パ・リーグの方が何となく浮かんでくると言う状況は、セ・リーグの野球がいかにつまらなくなっているかを象徴している。とにかく、走攻守揃った魅力ある選手がいない。

 多分、ヤクルトの青木は選ばれると思う、あと守備の評価は低くても巨人の阿部、それと…

 見事にあとが浮かばない、先発投手ですら絶対的な存在が、上原以降でていないことに気付いてしまった。
 そりゃ日本シリーズでここ数年パ・リーグばかりも仕方ないよ。

 まぁ、今回は絶対勝ちたいと言う選手だけ集めて頑張って下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デーブ打線

 平成20年の西武打線の象徴、自分の形で打ちきることを念頭に、思い切り振っていく打線。日本シリーズでもそのスタイルを変えず、優勝を飾る。
 現役時代の大久保コーチを彷彿とさせる打線というイメージ。

 埼玉西武ライオンズ、優勝オメ。
 うちには、BSもケーブルもないので、パリーグは全然観ていない、だから控えめに言っておく。

 つくづく不思議な打線だとは思う。日本シリーズだけ観ていくと、得点のほとんどがホームランで、結構チャンスがあった割には、タイムリーは出ないは、外野フライもあげられないとか、よく勝てたよなー、ライオンズ。

 最後まで、目が離せなかったよ、1点差なんて怖すぎる。

 あー原監督については、WBC監督として味噌がついたように思われるでしょうが、このあと、アジアシリーズがあることを考えると、むしろここで負けて正解な気もする。ゆっくり、WBCに向けてのプランを練っておいて下さい、立ち上がりが遅いので、時間も少ないですし。
 いやあ、WBCのある年の前年くらいはアジアシリーズを休むことはできなかったんですかねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

28日には分かることですけど

 

ノムさん「ごちゃごちゃ言ってるんだったら、イチローが監督やればいい」
 イチロー「それで、ヘッドコーチがノムさんですね」
 ふたり 「フッフッフッ」

 と言った展開も妄想したくなる程混迷した代表監督選びですが、日本シリーズ優勝監督と言う流れで確定しそうですね。(読売的にもそんなに問題はないでしょう、原監督か渡辺監督ですし)
 ただ、これからアジアシリーズもあるというのに、監督の負担が増えまくりですね。
 チーム編成は王さんを中心にコーチから選手まで全て決定して、監督はその戦力でもって勝ってくれば良いだけ、と言うならば話は違いますが、日本の野球のスタイルから言って、それは難しいでしょう。やはり、監督、コーチ、選手それぞれの力を統合させていかないとチームとして機能しないと思います。
 アジアシリーズをやめてチーム編成に力を入れる方が、対WBCに向けては良いんですけど。

 いっそのこと、王さんの「現役監督では負担が大きい」と言うところを汲んで、岡田さんでも良いのではと考えることもありますが、負けた時のリスクは高いでしょうね。岡田さん自身に。特に今年は敗戦の責任を取った形で辞めている分、精神的には野球から少し距離を置きたいでしょうし。

 もう、ノムさんに花道を作ってあげようよ、楽天はシーズン開幕からでもどうにかなるし、良くて4位くらいだろうから。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おいおい、WBCどうする気だよ

 まずは、韓国おめでと。今回は強い上に勢いがあった。ありゃどこも勝てんわ。

 で、日本も4位おめでと。嫌味でもなんでもなく、これから日本の野球をどうするか真剣に考えて欲しいと思う。そのきっかけになる試合内容だったと思う。
 オリンピックでは無くなったとしても、国際大会自体が無くなることはないわけだし。プロアマ関係なく、いろいろ野球人口を増やすためにも、結果は重要視されると思う。

 まずは来年開催予定のWBCは、今回の結果によっては、星野監督続投もありえたのでしょう。なんと言っても知名度、人脈、集金能力については、ON以外では抜群にありますし、それについては、否定できる要素もありません。
 ただ、彼は短期決戦における勝負運が完全にない、過去の日本シリーズがことごとく敗退していることを見てもあきらか。さらに、今回のオリンピックで致命的な采配ミスをしている(佐藤の連日のレフトスタメン起用、岩瀬の連投等)こともあって、国際大会向きの監督ではないと言う印象は拭いされないと思う。また、本来、彼の隣にいて、サポートをしていた島野コーチもいなくなり、監督になることはやめた方がいいとしか思えなくなっている。

 このように不安要素しかない人ではあるが、機構側は何となく監督にしてしまう気がする。
 上にもあるように、彼の広告塔としての集金能力を上回る監督がいないからである。
 もし機構が、星野監督続投を決定したら、日本は勝負を投げたと思った方がいい、そんなチームにスポンサー料を支払う会社の製品も買わない程度には、抗議したいものである。

 次に、試合球の問題がある。
 最終的になんとか抑えはしたが、ダルビッシュ投手については、多分ボールに違和感があったのだと思う。せっかくの代表エースが、国際基準のボールに慣れないために敗戦と言うシーンを見るのは、今回を最後としてもらいたいものである。
 だからこそ、ペナントレースから国際球に統一して使って欲しいものである。
 さらに、ボールの反発力が弱まることによって、ホームランが出にくくなるが、別に乱打戦が視たくて野球を視ているのではなく、今回の決勝のような締まった試合を視たいから、野球を視ている私にとって、ホームランの価値がぐっと引き上がり、勝負を決めた一発があるので、むしろ今の打ち上げ花火のような状況とは違う楽しみ方ができると思う。

 来年のWBCにおいて、前回のような運で優勝できたような結果にならないことを祈ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高校野球は嫌いだった

 いや、高校野球に巣食うマスコミの感動の押しつけと熱闘甲子園が大っ嫌いだ。

 母校が、ついにベスト4に進出しました。初めてのことです。目標は県予選3回戦突破、なんて言ってた時代が遠く感じます。
 高校当時、野球はプロ野球以外視ていなかったのですが、母校の勝敗くらいは気になっていました。
 おめでとうございます。

 高校時代、高校野球を視ていて、やはり高校生は下手だな、視る価値ないな、なんて感じで、まったく高校野球に興味を持てず、プロばかり視ていました。そりゃミスは少ないし、動作がゆっくりでも、メリハリを付けているので、けして緩慢なプレーに見せなかったのですから、当然でしょう。
 高校野球の方が好き、という人がいる事自体信じられませんでした、何が面白くて視ているのだろうと。
 さらに、最終回の攻防でのスタンドの応援を一生懸命映しているカメラも邪魔でした。頑張っている選手を映すのが普通だろうと。感極まって泣いている応援団に心動かされることもなく、正直、邪魔だと思っていました。

 熱闘甲子園に至っては演出過多で、ほらぁ感動しなさいよ、負けたんですよ高校生が、泣けるでしょ、って感動させようという必死さがもう、気持ち悪くって。

 長じてしまえば、高校野球の良さも分からないではないのですが、しょせん部活の延長的な意識がないわけでもなく、母校が消えてしまえば、応援に熱も入らなくなります。

 プロ野球に関しては、昔に比べると、見たい選手がいないので、テレビで視る気すらなくなっていますね。とても燃える展開がないのですよ。

 高校時代のプロ野球は、まだベストバウトがあります。(放送が巨人戦に偏っている地方なので、どうしても巨人戦になりますが)
 1、津田投手対原選手(結果、原選手の手首骨折)
 2、大野投手もしくは川口投手対槙原投手(両者譲らず0対0で9回まで、その後痛恨の1球によりいずれかのチームが隅1で勝利)
 3、山本選手対宮本投手(何故か毎回同じところに投げてホームランを打たれる宮本投手が不思議で仕方ないのですが、とにかくこだわっていたのでしょう)

 あげたら、広島戦ばかりですが、今の広島に比べれば、まだ選手が充実していた頃です。良い試合も多いのは当然ですが、それ以上に魅力ある選手が減ったこともまた事実でしょう。

 次は準決勝です、相手はベスト4常連校です。かなりの強敵ですので、心の中で応援します。不安なので実際に視ていたくないのです。ごめんなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧