特撮

宇宙海賊ガイスターかっ!!!

 ようやく録画のチェックが追いついたので、ディケイドについて。

 今日のつっこみとしては、タイトル通り。やっぱり井上御大は変わらないなぁ。
 とはいえ、海東の求めるお宝について、ギャグ的に描くのはどうもねぇ。

 音也のセリフ回しなどは、キバのメインライターだけあって、違和感はない、唯一オリジナルキャストがでても第1回には渡が出ているので、オリジナルキャストを出さないと言う方針を壊しているわけでもない。(電王については、各ライダーの中の人を変えずに声だけは出演しているので、問題はないと思う。コハナちゃんなどはまぁ、うん)

 会川さんの降板後については、話の一貫性が薄れて、キャラクターの個性で話を持たせている感じもしてるしなぁ。それぞれメインライターをやっていた作品ごとに脚本家も割り振られているから、それぞれの世界としてみれば違和感はないのだけれど、統一感とメインの性格のぶれが気になるなぁ。特にユウスケの扱いが上手くないと言うか、存在の意味が無くなっていると言うか。

 ネガの世界編が何となくではあるが、ずっと井上御大が書いていくような気がして、その後の展開に影響を及ぼしそうで少し怖いのぉ(劇場版のライダーが多いからねぇ)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

黒いバッタは正義の印

 Blackの最終回まで見終える。
 やはり、この作品は、CGがまだ普及していない頃の特撮として、可能な限りのカット割りを駆使し、持てる技術を投入した感じがします。
 惜しむらくは、途中の剣聖ビルゲニアの登場が、信彦役の堀内さんの出演問題もあってか、少し邪魔に感じました。また、子供にも分かり易いデザインと言うことなのかもしれませんが、ビルゲニアのデザインがゴルゴム怪人としても、幹部としてみても、世界観に合わない感じが残念でした。
 信彦(シャドウムーン)が登場した後、人間体になることがなく終了してしまったのも、もったいない終わらせ方になってしまいした。
 雰囲気としては、ライダーの原点回帰を目指した作品としては、うまくまとまった気がします。特に三幹部の存在は、世界構築と相まって、トラウマレベルの恐怖の演出が見事です。

 現在は、RXに入っています。
 主題歌最強
 剣でとどめをさすな、蹴りだ蹴り
 アクロバッターよりバトルホッパーの方がかわいい
 車に乗ったらドライバーだろ
 マリバロン様、素敵だぁ
 と言った理由で、当時はほとんど観ていなかった作品です。毎週ビデオには撮っていたのですが、どうも観る気が起きなくて。

 少し楽しもうかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっぱ初代はすげーな

 初代機動戦士ガンダムを全話視ることができた。再放送があってもなかなか全話視ることは難しかったので、良かった。
 この頃のガンダムが今まで残ってきたのには、やはり印象的なセリフ回しと言うものがあるような気がする。それこそ、「僕には帰れる場所があるんだ…、こんなにうれしいことはない」とか、「ええい、連邦のモビルスーツは化け物か」とか、「あの壷はいい壷だ」とか、とてもじゃないけどありすぎる。近年の作品ではなかなかお目にかかれなくなってしまった、上品なセリフが、作品のイメージとともに刷り込まれている。
 Z以降になると、なかなか印象に残るセリフがなくなってしまって、残念だな。

 今日は、ゲキレンジャーの最終回、先週理央様、メレ様が退場されて、最初の最終回は終わっていたのですが、とりあえず主役の人のいいところを見せないといけないので、最後の最終回となりました。
 全ての獣拳を受け継いだ3人が、今後、良き師となり、次の獣拳使いに世界を託せるだけの力と心を与えられるよう、祈っております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伊上勝と言う脚本家

 有名な脚本家さんです。特に仮面ライダーシリーズについては、彼を抜いて語ってはいけない程の存在です。
 東映特撮関係のDVDを借りて視ている関係上、どうしても彼の名前が第1話にでてきます。

 「伊上勝には、第1話と最終話を書かせれば作品が出来上がる。」

 極論のような感じもするでしょうが、作品の設定と登場人物紹介を無理なく、そしてエンタテイメントとして楽しめる脚本を書き、翌週にまで楽しみに待てるように仕上げられた第1話と、いつ打ち切られるか分からない程、流動的だった番組編成の中で、いきなりの最終回であっても30分と言う枠の中で、ドラマを一つ作り上げた上で、決着をつけ、エンドまで持っていけるだけの勢いと盛り上がりを与えてくれている。

 ロボット刑事は、そんな作品でした。

 あまりにコンパクトにまとめられるので、テンポはいいのですが、たまに印象が薄かったりするときもあるのですが、テレビの30分番組の作り方として参考なる作品だなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラスト…タコって

 フランケンシュタイン対地底怪獣(バラゴン)を観ていた。

 最初のうちは第2次大戦中の秘密兵器(フランケンシュタインの心臓)を巡ってのバトルかと思えば、あくまで導入で、そのフランケンシュタインの心臓を体内に埋め込まれた少年と女科学者との交流を描く、作品でもなかったりする。
 いろいろな要素が詰め込まれているため、ともするとテーマが不鮮明になりがちなのですが、やはり戦争の犠牲者がずっと続いていること、その犠牲者の扱いについて、周囲の扱いに戸惑いがあり、当時の混乱が表現されているのではないかと推測される。
 特に舞台が現代日本に移った冒頭シーンにある二次被爆の少女がその後のフランケンシュタインの運命までも示唆しているところが、演出的に巧みな感じである。
 一般人の代表として、フランケンシュタインに対する水野久美さんや高島忠夫さんのそれぞれのスタンスが、解決できない問題の複雑さを表していると思う。

 モチーフはキングコングですね。

 バラゴンと対決後、勝利したフランケンシュタインの怪物をどう結末をつけるか難しかったのでしょうね、自衛隊員に撃ち殺させるわけにもいかないでしょうし、 いっそパトレイバー(OVA)のように、水野久美の説得により、えさの豊富な海に潜ってしまった方が良かったのではないか?(入水自殺してるみたいですが)

 同時に「学校の怪談」(アニメ版)を観てる。
 正直、第1話とか全然覚えていなくて、最終回のかーや(あまのじゃく)に涙したのだよ。まったくのあまのじゃくで、嫌いと言えば言う程、どうしようもなく好きという演技で、中尾隆盛さんがかっこ良くてな。早く続編を作ってもらいたい作品ではあるな。
 恋ケ窪桃子という名前が強いインパクトをもたらす、多分2歳上(小学6年ではあるが、1年間入院していることを考えると)のヒロイン2は、初回に出てきた時から、裏設定があるのかと思っていたのですが、特に何もなかったのが、少し拍子抜けだった。ヒロインさつきちゃんとともに、パンツ頻度が高かったくらいか。
 続編があればストーリーの一つの伏線になりそうな気もする。

 ストーリーは丁寧に描かれていて、スタジオぴえろ作品らしい健全なHさもあったな。

 寒くて撮りだめたビデオ類を消化できないまま、電王が終わってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マタンゴは縦に裂けるのか?

 東宝製作のモンスタースリラー。
 冒頭の犠牲者の独り語りから、累計的なパターンは推し量られる。といってつまらないわけでもない。
 最初の登場シーンについては、突然消えてしまうところに疑問が無いわけでもないが、あまりばたばたと走っていくマタンゴ人間と言うのも怖さがなくなりますね。

 しかし、水野久美に誘われたら、マタンゴくらい食べてしまいそうです。マタンゴの精神毒にやられたようなものなのですが、飢えと言うのは恐ろしいものです。最後の犠牲者については、若干無理矢理な感じもありますが、水野久美の嫉妬とマタンゴの繁殖本能がやってしまったことと考えれば、いいのかと思います。
 登場人物一人一人が個性的なので、話が単純なモンスターものになっていないところも、今でも名作と言われる所以でしょうね。

 ラストのセリフについては、蛇足的なところも感じますが、どうしても社会派にしたかったんでしょうね。

 特典の中野昭慶氏には、まだまだ頑張ってもらいたいものですね、特技監督としては昭和の生き証人のような方ですし。いや、作品が古いからつまらんとか言っている方は、特典のインタビューやらを視ていけば、楽しめるのではないかと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本製とアメリカ製

 惑星大戦争もあわせて視ている。
 長期休暇と言うのは、連続視聴が許されて楽しいな。
 とりあえず暴論ではありますが、緯度0大作戦と惑星大戦争について、思ったところをつらつらと…。

 両作品を比較して気付いたことは、日本人はつくづく攻撃的な超兵器が好きだなぁ、と言うこと。しかも物量を惜しみなく使って勝とうと言う感じを強く受ける。大魔艦との対決にはそれを感じさせる程の隠し武器の数々、まさに対決と言っていい程の正面からの一騎打ち。若干頭悪いかと思う程、撃ちまくっているのは、正直、ひどい感じもしますが、森田健作主演ぽくて、いいのかもしれない。艦長はどう考えても、戦術戦略経験のなさそうな博士だし。
 地球の命運をかける責任者に、一介の博士を指名する防衛軍もどうかしている気もしますが。
 ラストもほとんどゴジラと同じ落ちになっているのも、ネタバレですが、うーん。

 海底軍艦は視ていないので、いつか視たいなと、思っています。

 緯度0大作戦は、原作がアメリカですので、先日も書いた通り話が日本人が考えられる感じではないですね。
 特に主人公の博士は、惑星大戦争と違い,自前のα号に特に武器はなく、その場の機転や事前の発明品で、急場をしのぐあたり、カーティス=ニュートンに代表されるアメリカスペオペヒーローの系譜に位置します。
 クライマックスの潜水艦対決も、装備の関係上、α号は攻撃せず逃げるだけですので、どうやって黒鮫号を沈めるのか解りませんでした。まさか自爆するとは。
 それこそ罪を憎んで人を憎まずと因果応報を表現することが好きなアメリカっぽい感じです。

 ただ、現実は全く逆なんですよね、それこそアメリカは物量にもの言わせ、日本は事前の準備やら細心の注意やらで勝ち進んでいるのですから。
 実際の戦争になれば、物量こそなのですが。

 互いに「できなかった理想」をフィクションにぶつけているようなものですね。

 話としては緯度0大作戦の方が好きですね。

 まあ緯度0大作戦では、ルクレチアの最期や黒い蛾の扱いについてもう少しうまくやれば、大人向けエンタテイメントとして、本当に扱われたかもしれません。特にルクレチアの最期については、それはないと言う感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夢落ち2題

 正月用にレンタル屋から借りた作品

 オープンユアアイズと緯度0大作戦の話。
 オープンユアアイズは後にバニラスカイでリメイクされたもののオリジナルですが、なんと言うかハリウッド版とは違い、全体的に生活の匂いがするというか、リズムとしてゆったりとした感じがする。
 クライマックスについては、ハリウッド版と違ってセットっぽくなく密度がある絵作りで、いい感じでした。やっぱりロケは撮りようによってはきれいになるものです。

 ペネロペクルスがはまり役すぎるので、リメイク版でも同一役で出ていることもうなずけますね。

 緯度0大作戦
 言わずと知れたナディアの元ネタ。話のセンスも海底2万哩。でも原案はアメリカのラジオドラマ。
 冒険活劇ものとしては、日本だけでは絶対作り得なかった作品。まぁアメリカ側は途中で会社がつぶれてしまったのですが、話の中身が完全にアメリカのスペオペや冒険活劇ものの匂いがします。その手の話が好きな人は、一度視ておいた方がいい作品。

 作品としては古いので、ミニチュア特撮が駄目な人もいるかと思いますが、ノーチラス(違う)とガーフィッシュ(違う)の潜水艦戦は一見の価値はあります(ラストは、え?と言う感じですが、ハリウッド映画的にはありな話)。

 日本で子供向け映画のような扱いで公開されたせいか、あまり話題にはならなかったようですが、ヒロインの全裸シルエットやら悪役の情婦とそのライバルとの確執といった要素もあるので、今リメイクすれば、作りようによってはヒットする可能性もありそうです。(版権やら資金やらの問題はおいといて)

 α号(ノーチラスポイ潜水艦)の武装が、自衛できる程度のものであり、主役の博士がアイディアで切り抜けるあたり、本当にアメリカの冒険活劇です。日本であるならば、間違いなく撃ちまくるでしょう。
 なんか日本とアメリカの願望の違いが表れている気もします。

 ラストシーンが解りにくい気もしますが、本多監督の説明通りに考えるか自分なりに考えるかは自由です。ラストもアメリカの作風です、間違いなく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

少年同盟はいつでるの

 昨日に引き続き、イナズマンネタ。
 今日からF編へ突入、安藤三男さんのガイゼル総統はすばらしいね。サファリ計画の時の人間狩りは銃ではなく弓矢で追いかけている点で、猟奇性が増してます。
 ファントム軍団の時に、軍団の目的が見えにくいと言ってますが、今回のデスパー軍団とあわせると、何となく見えてきました。
 ガイゼル総統自体はミュータントを殲滅しようという目的を持っているので、そのためにバンバを操ってミュータントを集めた上で、少年同盟と相打ちを狙い、なおかつ生き残った方をデスパー軍団を使って殲滅するつもりだったのではないか。
 つまり、バンバ自体はガイゼル総統に言葉巧みに操られ、別に新人類帝国を作りたいという思いは当初はなかったのではないかと考える。
 イナズマンの出現はガイゼル総統に、ミュータント殲滅が困難になるのではないかという焦りを産ませ、バンバを見限り、最も障害となるイナズマンを直接つぶしてから、ミュータントを抹殺する方針に転向させたと思われる。
 ガイゼル総統がなぜミュータント嫌いになったのかはまだ不明です。これから語られることがあるのでしょうか。

 演出はFになってから、いつもの東映演出になって、テンポが良くなった気がします。脚本の上原節のためでしょうか。ライジンゴーの活躍も無印以上になり、メーカーさんも喜んでいただいたのではないでしょうか。

 昨日無印について、文句つけていましたが、初期の普通の生活をしている家族とファントム軍団とのコントラストを描くシーンは、ファントム軍団の恐怖を身近に伝えているようで、それだけでも徹底して欲しかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バラバラバラバンバ

 イナズマン(無印)終了、子供番組を作る難しさ、人気を獲得するための難しさが解る作品だと思う。初期の演出のテンポの悪さ、超能力者という設定がいまいち活きてこないアクションシーンが、路線変更どころか、全く別の番組を作らせてしまった(Fのこと)ことを感じた。
 いろいろ言われていると思われる少年同盟も、原作のように中学生くらいの少年がいて五郎を喰うくらいの活躍を見せれば、いつのまにか設定が消えてイナズマンの取り巻きの姉弟となってしまうことはなかったと思う。
 ライジンゴーの活躍は、特筆すべきものであると思う。ドッグファイトシーンを多く出すことによって、その存在感はかなり増していると思う。意思のある車であることをもう少し徹底させていれば、イナズマンのパートナーとして、Blackのバトルホッパー以上の活躍を見せてくれた(無印最終回のイナズマン救出シーンは名シーン)と思う。
 初期の超能力バトルは、バンバ怪人が化け物化け物しすぎて、超能力の戦いに見えなく、人間体の姿を多く出すことができれば、面白くできた気がする。
 例えば、イツツンバラが少年同盟を追いかけていく時に人間がゆっくり歩いている足を映して、追いつめていく感じを出したり、ギリギリまでバンバ怪人の正体を隠し、五郎と超能力合戦をした上で、互いに変身していれば、超能力戦の方向が見えてきたと思う。あと、超能力戦の展開が、イナズマンが勝てるようなご都合主義が多く、強さを演出しきれていなかったと思う。
 あと新人類になった理由が全く語られていないのは、帝国の目的が見えにくくなってしまってもったいなかった。
 無印最終回は、もう完全に上原さんの脚本になってしまっていて、超能力者と言う意味が見えなくなってしまっている。

 変転(変身)のシーンについては、五郎からサナギマンへのシーンが3度変更になっている内、2回目が一番演出がいいと思う(バラバンバ以降)。

 これから、Fを視ていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)