雑記・メモ

やめましたねぇ

 とりあえず、宮崎のことを放っといたままやめてしまうのですね。対策は、まだ始まったばかりだというのに、しかも、政府の権限を強めたままであるのに、次の内閣が誕生するまで、どうやって士気を高めるのでしょうか。
 宮崎の畜産にとっては、一時も休めない状態であるのに、政府は空白期間を作ってしまうわけですか。そうですか。
 正直、ここまで中途半端に政権を投げ出した総理大臣も珍しいですけどね。せめて、宮崎の方向性が定まるまでは続けるべきだとは思いますけどね。(今後の生活保障以外にも、終息した後の畜産の再生方法など)かえすがえすも、外遊中に留守役の副大臣と官僚に権限を丸投げしておけば、少しは早く対策をとれたと思いますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

余裕がないと言うか

 えーと、確かに「同級生」(PCE版)でこの手のゲームにはまった人間ですし、ハナハル氏やいとうえい氏の作品も購入している人間ですから、平等な見解は出せないですけれども、最近のこの手の作品への風当たりが再び強くなっていきそうなのが、残念ですねぇ。
 正直、そんな環境にない人であっても、その手の犯罪を犯す人は一定数はいるわけですから、ゾーニングで何の問題もないかと思うのですけれども。だいたい現在「知ってしまった」状態にいるわけですから、それを無くしてしまうというのは、抑圧するだけであることになってしまうのではないのでしょうか。
 それとも、現在の生活を捨てて、江戸時代と同じ生活をできるのですかねぇ、規制派の方々は。

 日本の規制方法が、表向き可か不可しか認めていないようになってしまっているイメージが、タバコ然りあるんですけど、どう考えても、そんなものは極一部であることははっきりしているのですし。(パチンコとか)

 タバコもどこぞで、公的な場所は全て禁止として、飲食店まで含めていますが、分煙で何の問題があるのか聞いてみたいところですが。(吸わない人と吸う人が同席した場合どうするのか、と言う話については、はっきり言って、2時間や3時間ぐらいどちらかが我慢しても問題はないだろ、と言いたいが。)

 実在する未成年を保護したい気持ちは分かりますが、国内で完全に規制してしまうと、あれもこれもとなっていって、結果的に、規制する人だけが得をする結果になりませんでしょうか?パチンコ的に考えて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アイスダンスの話題をほとんど出さないマスコミはいかがと思う

 カーリングが世界で対抗できるようにするには、メンバー中の有力な人は引退させないようにすべきだと思うんだ。

 オリンピックが終わって、一喜一憂していますが、出場した選手の方々は暖かく迎えてあげたいものです。
 カーリングについては、練習環境や予算の厳しさがあってもかなり健闘したと思いますし、テクニックと戦略がものをいうゲームである以上、他のスポーツよりも根性論では勝てない要素が強いと思います。
 なので、日本的な根性やら気合いでは勝てないことは分かり易いと思います。
 でも、カーリングは、経験だけはウソをつかないゲームです。それは、北欧やスコットランドの方々が端々に見せています。ちょっとしたコントロールについては、やはり経験を積まれた方が魅せてくれました。

 (ここで、女性の社会進出云々といった、フェミニスト的なことを書こうと思いましたが、実はその辺のことを言いたいわけではないですし、書いていくうちに気持ち悪くなりそうなので、省略します)

 体力差があまり関係のないカーリングは、経験による技術がかなりでてくるので、できる限り実力のある人は続けて欲しいものです。

 アイスダンスについては、日本代表がメダル候補ではないとはいえ、全く取り上げない局ばかりなのはどうかと思う。日本国籍を取得した日本代表である以上、もう少し取り上げてくれても良かったと思う。
 日本から他の国へ帰化された方々の方は、メダル争いの中に入ったこともあって、取り上げて易かったのは分かりますが、もう少し、「日本人」を応援して欲しかったですね。

 フィギュアは採点方法を根本的に見直さないとダメだろ、一番高い(低い)点を削るぐらいでないと、あと審査員の国の公表も。とっても密室だからね、今の状況は。

 あと、東海大学はもう少し選手を守ってあげろよ。少なくとも壮行会ぐらいはしてあげろ。そのくらいの度量はあるだろ。
 その関係でもう一つ、世界で試合ばかりやっているので、社会人としてのマナーなどを教えられていない(うろ覚え)と擁護した人については、世界にでているのだから、その辺のことは自然と身に付くものではないのか?少なくとも指導する人の一人や二人はいるだろとは言いたい、それともスノーボードをやっている人は、その辺のことは知らなくてもどうにかなるのか?と聞いてみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

くらまの事故で最初に

 「すわ、テロか!」
 と思った私って、首相や防衛大臣よりもまともだと思うの。

 特に防衛大臣は、自分の部下の心配を最初にしなさい。

 やっとぶつかった船が悪いと言う流れになってきて、落ち着いて原因究明ができるようになったと思いますので、公平な捜査をしていただければ、それでいいと思うの。

 とりあえず速報段階で、自衛隊がいかにもぶつかったような報道しかできないマスコミは、もう少し落ち着いてもらいたいと思うの。

 その後の報道で、誰もいかに船の操縦が難しいかを解説してほしいの。素人的には、300mあれば回避できると考える人が多いわけだから。だって、車なら余裕で回避できるし。

 あと、この事故で、一番迷惑をしているのは、自衛隊だと思うので、首相の発言は「ご心配」をおかけして、が適切と思うの。ホント、けが人が出なくて良かったわぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国の限界

 国営漫画喫茶と揶揄されている例の国立メディア芸術総合センター(仮称)で、設立委員が決まったようですが、一つ不満があると言えば、少年漫画家が一人も選ばれていないことにありますかね。少女漫画家は2人(里中満智子氏・さいとうちほ氏)選ばれているのですが、少年漫画家が選ばれていないというのはどういう事かと。誰がいいかは別にして、展示の肝としては忘れてはいけない事だと思う。
 またアニメ関係も人選としてはあまり現場の声が入らない感じになってしまったかなとは思いますね(アニメーターとして神村幸子氏、布川ゆうじ氏は今回は立場が少し違っているので除外してます)
 現場の声が正しいとは言いませんが、何となく数合わせに使われたような感じがして何とも…。

 このセンター建設については、あっても問題はないかとは思いますが、国が関与したカルチャーは基本的に衰退しますからねぇ。その辺りに注意して欲しいかとは思います(能、歌舞伎然り、要は知っている人以外は楽しめない状況)。
 とりあえず、古今東西の日本製のメディア(このあたりよくわからない)を集めまくり展示するのであるならば、図書館、博物館としてあってもいいとは思います。

 でもなぁ、どうせ18禁系のものについては、集めないのだろうな。たとえ現在の文化の一翼を担っているとは言え、反対派には恰好のえさだからねぇ。

 建設費を生活保護費にとかアニメーターにまわせ、とか言っている人もいますが、生活保護については、建設費程度ではどうにもできない程予算が必要になるかと思いますので、無理かなぁと、アニメーターさんには申し訳ないですが、やり方を変えた形で支給するならば、このセンターも有効活用できる気がします。
 国ができる事は「コンペ」です。商業系、個人創作系など企画はいくらでもできるかと思いますが、各会社の作品を出品してもらい、優秀作品に賞金をつけるということです。
 正直、特定の業界にのみ便宜を図るやり方は、国はできません(バブル崩壊時の銀行については、倒産を避けるためにやむなく出しているわけですし、昨今のリーマンショックについては、政策として上手く金銭が流れるように法律を作っているようです。)。

 文部省推薦作品のようなものばかりに賞を渡すのではなく、もっと専門的な部分において評価するならば、裾野を広くする事も可能かと思います(ストライクウィッチーズが推薦作に選ばれたように)。
 それでもむらかみてるあき監督は選ばれる事はないなぁ。

 どうでもいいことですが、オタクはお台場には行かないと言っていたオタク芸人は、コミケに行った事はないのかと、ワンフェス(今年から動きましたが)はどうなのかと、そこへいくついでに寄る事は可能ではないかと。突っ込みたくなってしまったが、結局スタイルだけがオタクなのだろうなとは思ってしまった。

 本当にどうでもいいことですが。

 実際に作るかどうかについては、国会図書館の漫画部門を独立させるようなイメージなら良いのではないかと思っている自分がいたりする。そうすれば、全国のあらゆる漫画などが集める事が可能ですなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

 企業献金は、むしろ認めて全額報告義務を課した方が不正は少なくなると思うんだ。
 今日のたかじんでは、企業、組合、団体献金を無くせばいいと宮崎さんは言ってましたけど、なんだかんだ言っても、献金でもないと政党として活動できないのだから、鬼の首を取ったように、全てダメというのはやっぱりどうかと思う。
 全ての献金を認めた上で、まず報告から漏れた時点で裏金、裏献金として、責任追及した方が楽ではないかと思う。

 個人に対する献金は認めずに、政党に対して献金することは認めたとして、政治支援団体等を使った献金は禁止して、全て企業と政党の間以外では献金を認めず、さらに献金は公平に党員に分配すればいいじゃないかとも思う。

 いやぁ、認めるにしてもいろいろ問題があるなぁ、所定の方法以外での献金方法を一切認めないようにしてしまうのが一番良いんでしょうけど、あまりその辺のことを言う人はテレビ受けしないんだろうなぁ。

 サンモニのソマリアへの自衛隊派遣も、全体的に俗に言う「軍靴の音」みたいな意見ばかりで、しかもソマリアへ行く理由が分からないとか、海外の問題だとか、本当に知らないか知ろうともせず、自分の意見だけを言いたいのだろうな。
 あの航路を通らないと、日本の産業が成り立たないとは考えないのかと。攻撃を受ける船に日本の船舶が無いとでも言っている感じがした時は、この番組は大沢と張本の話以外聞く価値が本当にないと思いましたね。
 浅井信雄氏の意見が一番コメンテーターとしてまともに聞こえる時点で、一応国際政治学者なのだと思いましたよ。

 ソマリア派遣に関しては、できれば法律を完全に成立させてから行って欲しかったな。テレビで自衛隊の限界を見るたびに、どうにも隊員がかわいそうになってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年金未納3年程度で党首を降りた人ですから

 当然、今回は辞任してくれると期待しています。
 たとえ秘書の独断で行動していたとしても、責任は免れないでしょう、普段の言動からして。

 それはともかく、チャンピオンも40周年企画が始まります。往年の名作の新作読切と言うことで、古いファンには楽しみもあるかと思います。それでも、ドカベンは未だ連載しているのに、企画で新作発表というのも、意味があるのかな。

 まぁ、私としては、「らんぽう」の新作が掲載されることが確定しているので少し楽しみですかね。
 できれば、小山田いくさんにも何か描いて欲しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ライバルは誰ですか

 増子美香なぁ?

 とりあえず解散は辞めて欲しい、もっとはっきり言えば、選挙をしない方がいい。今、選挙を行えば、低投票率は免れない、となればある特定の団体が確実に勝利してしまう。それはもちろん自民とも民主とも違うものだ。

 昨年、麻生総理が選挙をしなかったのは正解だと思う、なんと言っても当時、選挙を行うような雰囲気が国内になかったと思う。それは3年連続で総裁選を行い、マスコミが盛り上げていたことにより、一度も投票しなかった人までが、選挙に行った気になっていたからと思う(現に私自身がそんな雰囲気に陥っていた)。

 民主党が完全に勝利したければ、今回の補正予算、予算については、簡単に通過させておいても問題はない、むしろ長引かせる程、民主党は不利になる。今の状態は子供が駄々をこねているのと差がない。一度腰を据えて、国内の状況を踏まえ世界の状況を眺めた上で、国会運営して欲しいものだ。

 自民党は、この状態ではどうせ負けてしまう、それは昨年段階で解散しなかったからではなく、それ以前から、反自民的に誘導されていたから。だからこそ現状では現政権を支え、政策の一つ一つを見極めつつも協力して議決させていく方が選挙のダメージは少ない。
 党内で足の引っぱり合いをしているのは、他の政党に利する行為であることを忘れてはいけないと思う。離党したり政策批判をしまくっている人は、現状では確実に利敵行為である、どうせ話すなら、総理に面と向かって発言し、マスコミに向かって言うことはないと思う。

 話はずれるが、このまま民主党が政権を取った場合の、日本の総理大臣が誰になるか考えたこと方がいい。
 あの人は壊し屋である、いままでどれだけの政党を直接、間接問わず壊してきたか、この状況の日本で、彼程総理大臣にふさわしくない人がいるとは思えない。よく入院しているが、本当かどうか疑わしい。

 9月まで、景気対策に力を入れて欲しい。国際的にも今の日本の立場は難しいのだから、あまり選挙のことを全面に出さないで欲しい。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いつの間にか

 2年経ったはず、ここを始めて。
 更新ペースは落ちまくるところなど、3日坊主っぷりは相変わらずだな、何をしたいか分からないサイトというのもすごいもんだ。
 そんなネットの片隅ですが、まだ続けますよ、何か引っかかったら、よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ただの缶コーヒーに興味ありません

 この中に焙じ茶入り、炭酸入り、練乳入りがあったら、今すぐ私のところに来なさい。以上。」

 暑い日が続きますね、うちでも水道水の使用自粛が流れていますが、それを守りすぎると野菜が育ちません。
 今日は家の竹やぶの掃除をしてましたが、もう暑すぎてかないません。午前中でダウンです。明日は筋肉痛でしょう。
 っで、暑いので冷たいものでもということで、飲んだわけです。「焙じ茶入りコーヒー」。いや、昔炭酸入りコーヒーを飲んで、「これはこれでありじゃね?」とかのたまった私としては、このくらいは許容範囲と言うより、むしろお勧めしたいくらい。番茶の香ばしさとコーヒーの苦さがマッチしていて、さっぱりとした感じになっています。夏に向けて、麦茶にしても良いような気もします。

 普通のコーヒーも飲みましょう。あとお茶も。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧